• NamiBellyDanceStudio

Me Time

最終更新: 2018年7月21日

先日、浅利慶太さんが亡くなられた。

浅利さんはご存知の方も多いと思うが、私も大好きな某劇団の創設者の一人でもあり、演出家としてもとても有名な方だ。

なんと学生時代に劇団を立ち上げられたそうだが、生涯現役で、病気で入院中も演出を手がけておられたと聞き、長い間、ものすごい情熱を持ち続けて生涯を全うされたのだと思い、尊敬する。

偉大な演出家がお亡くなりになられたことは、とても残念なことではあるけれど、そのニュースに際し、市村正親さんが、生前の浅利さんから言われたことというのが、本当に心に残った。


「人の時計をのぞくな」


というのを、浅利さんに教わったということをおっしゃっていた。


これは、人はそれぞれに自分の時計(時間)を持っているのだから、人の時計をのぞいて見るもんじゃあないよ、ということらしい。

人の時計を覗いた瞬間に、自分はどうしてこうなんだろう(劇団でいえば、どうして自分はこの役なんだろう、とかいうことだと思うけど)という比較が始まってしまうというのだ。


これは本当にその通りだと私も思う。


自分の時計は、他の人と同じペースで秒針が進んでいるわけではないだろう。


他の人の時計は自分の時計より、もしかしたらめっちゃ早く秒針が進んでいるかもしれないし、その逆かもしれない。


みんなそれぞれに、自分の時計を持っているということは疑いようのないことで、そして、その自分の時計(時間)を大切に刻むことが本当に大切なことなのだろうと思います。


私のスタジオのみんなも同じだなぁと思います。


みんな、それぞれの時計を持っていて、比べてしまうと秒針のスピードの違いが気になるが、比べなければ、それはそれぞれの大切な時間で、そして、同じ空間でみんなが同時に輝けるといつも感じています。


そして、みんな、その時計の使い方が本当に上手で素晴らしいと思います。


先日、入会していただいた方に”数年前にたまたま私たちのベリーダンスを観て、ずっと何年もチャレンジしてみたいと思っていたものの、一歩踏み出す勇気が出なかったが、やっと始めるんだ!”という話を聞かせてもらった。


時々、そういった話などを聞かせてもらう度に、その勇気に誠実に応えたいという気持ちになる。


これから、自分の時計で、自分のベリーダンスの針を進めてもらったら私はとっても嬉しいし、きっとスタジオのみんなも、それぞれを応援しています。


みんなが、それぞれに自分の時計を持っているからね。


そんなことを思って「自分の時間」って英語で「My time」かしら?でもMy timeじゃ「私の出番だ」みたいなニュアンスじゃないのかなぁ?なんか違うよなぁ?とか考えていたら、


自分のために使う時間というのは「Me time」と表現するんだって。口語的表現だとは思うけど。


良い勉強にもなりました。


熊本,ナミベリーダンススタジオ,MeTime

#熊本

#ベリーダンス

#Metime

#ナミベリーダンススタジオ

0回の閲覧

〒860-0848 

熊本市中央区南坪井町4-23 MTビル5F

◎周辺コインパーキングをご利用ください。

         

藤崎宮バス停留所から徒歩3分

白川公園前バス停留所から徒歩3分

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTumblrのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックGoogleプレイスのアイコン